Maple Storyのすももサーバーで活動中 戦士&投げ賊の日記


by tomorrow_sign

<   2006年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

長い

こんばんは 地道な活動こそ大切だと思ってる光希です

さて、現在レベルは56
スキルもプログレス・ヘイスト・サベジという狩り三本柱がMAXになりこれ以上スキルが強くなる事がなくなりました
ちょっと憂鬱(ぇ
武器は相変わらずペットボトルでガシガシ…
劉家装備したいなぁと思っても劉家は高いです
もうゲッタまで諦めますorz
ゲッタは90くらいのが欲しいですねやはり
ただ資金が… 売れそうなものが
○青テンの包み
○短剣60%2枚
○現在装備している攻撃69LUK10のペットボトル
○素早さ手袋60%
くらいかなぁ…と
あとさくらのクエでジャンプ書を取ろうと思えばいつでも取れます
なかなかに難しい
これ全部売って10Mにはなるかな? 程度ですからねぇ
まぁ手袋売れば20Mくらいには(絶対に売らんw

とりあえず頑張りまっしょい!



さて、今度は狩り場についてのお話

前回のパッチで大分狩りのバランスが崩れましたね
「提灯」と「姫」で
二次中盤の前期~終盤の後期という幅の広い提灯
高レベルの武器庫を上回る聖地となった姫
まぁ私にとって姫なんて関係ないんですが(笑)
ただ提灯はもの凄い関係あります 56の今でもゾンビより効率が高くドロップの質も高い
ということで狩りするときはまず此処を見ます
無理してでも探して半分貸してもらうのが普通ですね

ただそれだけの人気の狩り場 当然満員な事も多いです
更にすももというサーバーはチャンネルが10個 いい加減16個でもいいんじゃないか?と思いますがそこはネクソンマジック(なのか?
そこで狩ってると必ずあるのが「通り狩り」ですね
ゾンビにいくとあまり見ない事なんですがこの幅の大きいレベル適正だと当然多発です
まぁつまり言いたいのはその辺のマナーなんですよ

狩っていて一番イライラする通り狩りはヒールアタックです
ここの人気の理由はヒールアタックが有効という事が大きな要因でしょう
つまりクレリックの方々が集まるわけです
クレリックにはダークサイトなんてないですから当然ダメージを受けます
そして回復はヒール依存ですから当然薬なんて持ってないんでしょう
だから狩り場探しながら回復
これがイライラします
こっちは必死こいてたこ焼き使って1発でなぎ倒してる所を
ズカズカと入ってきて回復してあいてねぇやと思ってチャンネルを変える
ホントにイライラします テレポ使ってうまくかわして橋の下でヒールしろよと
悪質なのだとわざわざ倒していきますからね そしてまた巻き込んで…
これは本当にイライラなので使ってますというとすぐチャンネル変えるんですよ
回復スキル・回避スキルのない戦士・弓の方々を見てこんな事良く出来ますよね
あの方々はジャンプしながら仕方なくくらって狩り場を探し
これだけでかなり赤字でしょうね
それくらいの気合がないと狩り場とれません
その辺を見るとクレリックというのは恵まれてますよね 盗賊も然り
それだけで尊敬できます

でも確かにHPが少ない魔ですからヒールはしたいでしょうね
ですから対処法を

武器を装備しなければ

     ヒールアタックにはならない


これはマジな話でして
誰かから教えてもらったんですが教えてもらったときは凄いの一言でしたね
これがあればゾンビだって迷惑かけずにすむと思ってクレリックを育ててました
別に難しい事じゃないですよね? ちょっと面倒かもしれないけどクリックを数回するだけ
これくらいなら出来ると思います ホントやってほしいなぁ

あと盗賊の通り狩り… こっちは寧ろ横狩りに近いかな
それもイライラします ダークサイトがあるんだから其れ使って狩り場探せよと
勿論私はダークサイト使ってます 横・通り狩り どちらも大嫌いですからね(笑)
盗賊って見た目かっこいいですからね、学生とかには人気なのかもっていうのが原因かもしれませんが
横狩りが多いのは見た感じ盗賊です こんなイメージ持ちたくないけど…
そんな事思われないようなゲームになってほしいです
[PR]
by tomorrow_sign | 2006-07-17 22:26 | メイプルストーリー

W杯終了

こんばんは W杯終わりましたね なのでサッカーの話題に触れてみようと思います

決勝戦 フランスVSイタリア
この試合はただの決勝戦ではなかった、日韓大会から4年を経て復活を遂げたフランス
同じく前回大会は悔しさの残る大会だったイタリア
W杯開幕当初はこの2チームが優勝に絡むと見ている人は少なかったと思います
確かに列強国ではありますがブラジル・アルゼンチン・イングランドのどこかが勝つだろうというのが大多数
そんな中それらのチームを破る、またそれらのチームを破ってきたチームを破ってきたわけです
この対戦が決まった時、私は非常に感動しました
それは上に書いたような事もあり、フランスのファンであったからでもあり
イタリアも当初からフランスと当たったら楽しみだと思うチームであった
ゲームでシュミレーションしてみたりしてたんですよ、開幕前から
それくらい楽しみでした

そして楽しみなのと同時に悲しさもありました
フランスの英雄・ジダンの引退試合でもあったから
ジダンは大会前から、引退を表明していました
確かに年齢的・肉体的にも衰えが見えました でも早すぎると思いました
フランスが好きになったのはジダンが、そしてアンリがいたからです
この2人のコンビ、どうなってしまうのだろうと思うくらいでした
しかしなかなか相性がうまくいかないと噂されてました
それでも期待し続けブラジル戦ではこの2人による連携で勝ちました
それもこれで最後… 一時は代表を引退した、そして国の為、自分達の為に戻ってきた英雄
その姿はもう見れません
あれほど鮮やかに、華麗にプレイする司令塔は他のどの国を見てもいません
足が遅い、スタミナもあまりない、それでも観客を魅了する姿は感動でした

では最終戦ですが
まずフランスが先制、ジダンのPKでした
引退するとは思えない鮮やかなキック、勿論入れて当然のPKですがプレッシャーは何より大きい
それでも確実に決める、絶対的存在と改めて感じた
しかしすぐにイタリアもマテラッツィのヘディングで追いつく
まさにナイスゲームの予感がしました
その後はフランス有利なゲーム展開が続きましたがイタリアのGKブッフォンのファインセーブが連発
そして延長後半…
アンリも交代で退き、ジダンへの負担は更に大きくなった
その状態でレッドカード…
まさか… ジダンが… これでもう彼のプレーしている姿が見れなくなるのか?
こんな形で…? とても口惜しかった
それでも試合は止まらない
延長後半、ジダンが退場してもフランスは攻め続けた
イタリアも途中出場のデル・ピエーロが鮮やかなドリブルでチャンスを作る、それでも守る、そして一気に走る
そんなフランスのプレースタイルは最後まで崩れる事はなかった、ジダンが居なくとも
この光景を見て、私はジダンが居なくなってもフランスは大丈夫、終わらないと確信した
そしてPK戦に突入 本当にこんな素晴らしいゲームが決勝戦でよかった そう思えた
フランスは二本目のトレゼゲが惜しくもクロスバーに当ててしまった
一方イタリアはフランスのGKバルデズを翻弄した
バルデズがコースを読んでも更にきわどいコースを 確実に 絶対に入れる
そして5-3 イタリアの勝利
もしジダンがいたら… そう思った人も少なくないはず
しかしジダンが居て負けたら… と考えてしまったりもする
どうのこうの考えても勝負の世界に「もし」なんてことはないのだから無駄なのだが
そして表彰式 歓喜に沸くアズーリ
悔しかったが頂点に立つに相応しいチームだったと終わってみると思えた

今回の大会で多くの選手が引退する
それでもサッカー界は進んでいくはず

その後2006W杯MVPがジダンと決まった 2位のカンナヴァーロとは僅差だったがそれでもジダンだった
当然、拍手を送った
フランスの黄金時代を作ったのは紛れもなく英雄・ジネディーヌ・ジダン
たとえ、最後の試合で退場しようとも、彼は最後の最後までフランスを支えた
それは誰もが思ってる事
これからもフランスのサッカー界 いや、全世界のサッカー界をサポートしてもらいたい
ジダン、本当にお疲れ様でした たくさんの感動をありがとう
[PR]
by tomorrow_sign | 2006-07-10 20:56 | メイプルストーリー

廃狩り

眠いです 久々ですどうも

最近はやっぱり斬りの育成に励んでます
いやぁ楽しいねー
まずサベジが6連っていうのは楽しすぎるw
更にブースターがあるとなんという速さだw という感じで
というわけで投げとかよりレベルは上にいきそうw

ちなみに昨日は鬼の如く狩ってました

まぁ6/26⇒7/7までにとりあえず44になってました サベジ6連です
まず日付が変わって夜中に50%上げました その後眠いので落ちましたw
そしておきてインするとギルドのマスターから提灯のお誘いが(42あたりから頻繁に誘っていただいてたりw
そりゃもう激うまですからいきますよ?w
ガシガシガシガシ… 午前中で1レベと50%あげて昼飯 その後クエをやりにいったり提灯に戻ったりして7時くらいには48かな
それからひたすら狩って50
…1日で6レベ上げました  斬りでもこんなあがるんだなぁ…(笑)
とりあえず斬りにも面白さが見えてよかったですw
今日も頑張ろう!
[PR]
by tomorrow_sign | 2006-07-09 11:57 | メイプルストーリー